top of page
  • masuhojc

2021年4月4日「春の音楽会」

ますほジュニアクワイア「ニューイヤーコンサート」改め「春の音楽会」

おかげさまで、家族をはじめとしたごく近しい方々に見守っていただきながら、無事に開催することができました。




やっとここまでこられた…と、想いはあふれるばかりなのですが、ロビーの掲示に書かれた子どもたちの言葉以上の言葉が見つかりません。





小さな歌い手さんが本番前、暗い舞台袖で、誰に言うともなく「めっちゃ、たのしみ…」とつぶやきました。

この1年は「歌いたいから、歌う」という、いちばん大切なことを思い出すために必要な時間だったのかもしれません。


またここから一歩ずつ。


どうかあたたかく見守ってくださいますよう、お願い申し上げます。



閲覧数:93回0件のコメント

最新記事

すべて表示

群青

2011年の夏、 ますほジュニアクワイアは、気仙沼市で演奏する機会をいただきました。 ひび割れた高速道路を通りたどり着いた先で目にし、耳にし、感じたものを、忘れることはないでしょう。 この曲を歌い継ぐことは、あの時「何が起こったのか」を語り聞かせてくださった方の想いに応え続けることでもあると思っています。今年は年明けから、私たちにできることは何なのか、自らに問い続けながらの練習となりました。 明後

Comments


bottom of page